ABOUT

2030 年、そして2050 年---あなたは、あなたのお子さんや
お孫さんは、どんな世界に生きているでしょう?
思いっきり想像力をブロードバンド化して、
もう一つ別の「未来」を感じてみて下さい。

ここでは伊勢志摩サミットやミラノ博でも展示された、
世界初のライブ地球儀「触れる地球」5台を使って、
いま世界が抱える課題と “地球の体調” をいきいきと見える化。
さらに未来をひらくアイデア、あまり知られていない
画期的な新技術や企業の提案も具体的に紹介。
地球的な課題の解決をご一緒に探る
“地球ソリューション・ミュージアム” として展開します。

地球が一つにつながった現代、地球目線でものを見る
“地球人” を育てたい---。
ワクワクするような地球の未来がみえる、
丸の内・触れる地球ミュージアムに是非ご家族で来場下さい。

 

地球ラウンジ

デジタル地球儀「触れる地球」5台で、地球の今と面白さを知り、地球の未来を考える体験空間。トークイベント・ワークショップを開催。

Aの未来とBの未来

2050年の地球は、どんな世界になっているのか。いま予想されているAの未来と、視点や方法を変えたBの未来を比較できます。

Bゾーン

「未来の都市、未来の暮らし」として深海都市模型や超節水型「未来の水システム」の体験展示、プロジェクションマッピングを活用した大丸有エリアの都市模型の紹介など様々なコンテンツを併設展示。

デジタル地球儀「触れる地球」で見られる主なコンテンツ

  • 黒潮に乗るこの魚は?
    (カツオ・マグロ・クジラ等の生態)
  • エルニーニョの
    影響は?
  • 明日は今日より22万人増?
    (世界人口とメガシティ)
  • なぜ渡り鳥は南極へ?
    (生態系・生物多様性)
  • 地球温暖化の未来
    (希望のシミュレーション)
  • なぜ石油は中東に?
    (大陸移動・1億年前の地球)
  • 不動の大地も動いてる?
    (地震・津波)
  • 4分経度1度分まわる
    (地球の自転・リアルタイム地球)
  • 1日1億トン
    (人類のCO2排出)

Aの未来とBの未来

2050年の地球は、どんな世界になっているのか。
いま予想されているAの未来と、視点や方法を変えたBの未来を比較できます。

Bゾーン

「未来の都市、未来の暮らし」として深海都市模型や超節水型「未来の水システム」の体験展示、プロジェクションマッピングを活用した大丸有エリアの都市模型の紹介など様々なコンテンツを併設展示。
<2017触れる地球ミュージアム>

4テーマによる展示会期

未来コリドール(東京駅〜皇居までの全40本の円柱)のポスター展示を4テーマで入替展示。
未来の地球へのソリューション、日本のシーズを伝える。また、テーマとリンクした展示やイベントを開催。

7/28〜8/22 1.森・海・生物多様性
8/24〜9/12 2.防災・減災・レジリエンス
9/14〜10/10 3.都市の未来
10/12〜10/30 4.地球の食と農

トップに戻る