2年目を迎える東京駅前の「触れる地球ミュージアム」”2050年の地球”新企画にご期待ください。

2017.07.10

本年第1期は「海」をテーマに7月に開催。本年第2期となる今回は、「2050年の地球」をテーマに展開。

地球ギャラリーでは「地球の体調」「❝どこでもドア❞地球」「地球の温暖化 2つの未来」「人口・都市❝地球人❞の創生?」「Sim地球 あなたが選ぶ未来」などを5台のデジタル地球儀を使用して展示する。

子ども達が大人になる2030年、彼らが社会の中核となり子育てする2050年、地球と日本はどうなってゆくでしょう?

 

地球温暖化、水や食糧の危機、高齢者人口が4割を超える社会、AIに仕事を奪われる?・・・いろいろな懸念もありますが、一方で暗雲を吹き飛ばすようなポジティブなビジョン、それを支える新たなアイデアも生まれています。

 

21世紀の子ども達の未来への想像力を、20世紀の常識で縛らないようにしたい。

 

東京駅前・行幸通り地下「触れる地球ミュージアム」後期(テーマ“2050年の地球”)は、思いっきり想像力の飛距離を伸ばして、私たちの未来ビジョンのリフレーミング(枠組転換)をはかる企画を用意します。

 

“It’s too late to be pessimistic”ーー悲観している暇があったら未来を創造しよう!

触れる地球ミュージアムの新企画にご期待下さい。

 

触れる地球ミュージアム;テーマ”2050年の地球” 新企画にご期待ください」パンフレットPDFはこちら→ダウンロード

 

「子ども地球教室」、トークショーなどイベント案内・申込はこちら → http://peatix.com/group/55804/events

 

トップに戻る