Author Archives: admin

2017/2/27 第2回CPV地球大学 開催(大手町 3×3Lab Future)

地球価値創造(CPV; Creating Planetary Value)をコンセプトに、2014年から丸の内「触れる地球ミュージアム」(3×3Labo)を拠点に開催してきたCPVフォーラム。2017年は「CPV地球大学」と装いも新たに再開します。第2回のテーマは「進化の途上にある人類---人とロボット・AIの共進化」。2名の論客をお迎えし、AI・ロボットと共進化する人類の未来を展望します。詳細・お申し込みは▼こちらから。  


2017/1/13 第1回CPV地球大学 開催(大手町 3×3Lab Future)

地球価値創造(CPV; Creating Planetary Value)をコンセプトに、2014年から丸の内「触れる地球ミュージアム」(3×3Labo)を拠点に開催してきたCPVフォーラム。2017年は「CPV地球大学」と装いも新たに再開します。「パリ合意、SDGs、そしてESG---ゲームのルールが変わる」をテーマに、この分野の第一人者である3名の論客に縦横に語っていただきます。詳細・お申し込みは▼こちらから。  


【プレスリリース】「丸の内・触れる地球ミュージアム」開催のお知らせ

2016年7月29日から10月30日まで、「丸の内・触れる地球ミュージアム」( 主催:一般社団法人 触れる地球の会 企画構成:竹村真一+ Earth Literacy Program )を東京駅前 行幸通り地下通路にて開催致します。 “ 地球目線” でものを見て考える、文字通りの「地球人」を 育てたい。本企画は、このコンセプトの下、次世代のデジタル 地球儀「触れる地球」5台により、地球の今と面白さを知り、 地球の未来を考える体験空間を実現するものです。 地球温暖化による北極やヒマラヤの氷の融解が、日本の私た ちの暮らしにどのように影響してくるのか。大気汚染物質も 隣のの中国だけでなく、遠く地球の反対側からも運ばれてく ること。世界の異常気象や自然災害が、もはや“ 対岸の火事” ではない時代だということ・・。 こうした実感値をこの「触れる地球」を通して大人も子どもも 共有しながら、地球の未来を共に考えてゆくことができる体験空間にご期待ください。 デジタル地球儀「触れる地球」は、リアルタイムの気象情報や世界のライブ画像、生物の営みや地球温暖化など、生きた地球を 可視化する地球儀として、伊勢志摩サミット、ミラノ万博、内外の科学館・博物館で展示されるなど日本のみならず海外でも、 その訴求力が高く評価されています。 夏休み中は、子ども・親子連れを対象にしたセミナー、ワークショップも開催致します。秋口からは、高校生・大学生向けの 未来の職業ワークショップ(WS)、大人向けのソーシャルデザインWS なども開催予定です。 全長220m にもおよぶ通路空間では40 本の柱に貼られた メッセージポスターにより、日本の技術力・企業力が切りひ らく新たな地球の未来ビジョンを可視化する「未来コリドー ル」を創り出します。 また、“ 地球目線” で捉えた世界や日本の食の未来像、気象・ 海象・地震、防災減災などをテーマにした体験型展示を併せて展示を実施致します。 プレスリリース(PDF)


「地球で遊ぼう!」今夏、東京駅前に「触れる地球ミュージアム」がオープン!

2016 .7 .29 〜10.30まで、「丸の内・触れる地球ミュージアム」が東京駅前・行幸通り地下通路にオープンします。 2030 年、そして2050 年———あなたは、あなたのお子さんや お孫さんは、どんな世界に生きているでしょう? 思いっきり想像力をブロードバンド化して、 もう一つ別の「未来」を感じてみて下さい。 世界初のライブ地球儀「触れる地球」5台を使って、 いま世界が抱える課題と“地球の体調” をいきいきと見える化。 さらに未来をひらくアイデア、あまり知られていない 画期的な新技術や企業の提案も具体的に紹介。 地球的な課題の解決をご一緒に探る “地球ソリューション・ミュージアム” として展開します。 地球が一つにつながった現代、地球目線でものを見る “地球人” を育てたい———。 夏休み期間は、子ども達の自由研究にも役立つ「地球教室」も ほぼ毎日開催。ワクワクするような地球の未来がみえる、 丸の内・触れる地球ミュージアムに是非ご家族で来場下さい。 「丸の内・触れる地球ミュージアム」公式サイト


【募集】触れる地球ミュージアム 地球ナビゲーター募集

触れる地球ミュージアム 【地球ナビゲーター募集】 勤務地 触れる地球ミュージアム (東京都内に期間限定特設予定) 業務内容 ① 来場者へのデジタル地球儀「触れる地球」及びその他の展示物の説明 ② ミュージアムで行われるセミナーの運営(準備、進行補助、片付け) ③ ミュージアム設営準備、会期終了後の撤収作業の補助 ④ 地域奉仕活動(丸の内地区の簡単な道路ゴミ拾い作業等) ⑤ その他、現場作業補助(機器設置、ポスター掲示、来場者集計等) 期間 7 月下旬~10月末 ※ 7月中は研修あり。 ※ イベント時は21:30程度までの延長あり ※ 毎週火曜日、8/12〜16は休館 勤務日時 10:00~19:00 のうち、4時間から8時間(シフト制)。 週 3 日以上(土日のどちらかにも出来る方歓迎) ※ 8時間勤務の場合、休憩時間は1時間 ※ 学生の場合、夏休み後の対応も応相談 給与 時給 1,000 円 交通費支給(上限あり) 応募資格 「地球」や「環境」に関心のある方歓迎。 18歳以上(高校生不可) 経験不問 日本語でのコミュニケーション能力があり、責任感をもって仕事を遂行できる方 応募方法 recruiting@earth-museum.jp までに、履歴書(写真貼付)をお送りください。書類選考の上、追ってご連絡いたします。採用は面接により決定させていいただきます。  2016/07/07 一般社団法人「触れる地球の会」  


7/10 竹村真一ナビゲート J-WAVEアーストーク放送 ゲストに星野佳路氏 

〈7/10  J-WAVE「アーストーク」第8回のご案内〉 竹村真一ナビゲートのラジオ番組 J-WAVE「アーストーク」第10回目の放送は、7月10日(日)22時からとなります。 ゲストに星野リゾート代表 星野佳路さんをお迎えし、『観光から見るインバウンド、アウトバウンドの未来像』について語り合います。どうぞご期待ください。これまでの放送(バックナンバー)はこちらをご覧ください。 【第10回アーストーク放送予定】 [期 日]2016.7.10(日)22:00~ [ゲスト]星野佳路氏(星野リゾート代表) [ナビゲータ]竹村 真一 [ラジオ放送局]J-WAVE FM81.3MHz  


6/25 竹村真一の地球温暖化防止講演会のお知らせ

〈6/25 竹村真一の地球温暖化防止講演会〉 大田区制70周年記念事業として、「地球温暖化防止講演会~地球目線で考える!いまのくらし・未来のくらし~」が開催されます。 宇宙船から地球を見ているような感覚の次世代型デジタル地球儀「触れる地球」を用いた講演会です。この地球儀でみるとあらゆることが地球スケールでつながっていることがわかります。地球温暖化の状況やその影響等、リアルな地球環境を実感し、課題を共有しながら、地球の未来について参加する皆さんとともに考えていきます。 [期 日]2016.6.25(土)13:30〜15:00 [会 場]東京工科大学・日本工学院専門学校 3号館 地下1階 大講義室  


6/12 竹村真一ナビゲート J-WAVEアーストーク放送 ゲストに藤沢久美氏 

〈6/12  J-WAVE「アーストーク」第8回のご案内〉 竹村真一ナビゲートのラジオ番組 J-WAVE「アーストーク」第9回目の放送は、6月12日(日)22時からとなります。 ゲストに実業家のシンクタンク・ソフィアバンク代表藤沢久美さんをお迎えし、『グローバル化と女性が活躍する未来像』について語り合います。どうぞご期待ください。これまでの放送(バックナンバー)はこちらをご覧ください。 【第9回アーストーク放送予定】 [期 日]2016.6.12(日)22:00~ [ゲスト]藤沢久美氏(シンクタンク・ソフィアバンク代表) [ナビゲータ]竹村 真一 [ラジオ放送局]J-WAVE FM81.3MHz  


6/8-11 第10回エコプロダクツ国際展にて竹村真一の講演のお知らせ

〈第10回エコプロダクツ国際展〉 タイで開催される第10回エコプロダクツ国際展にて、竹村真一の講演があります。ご来場の方はどうぞ講演にもご参加ください。 [期 日]2016.6.8(水)~6.11(土) [開催地]タイ:バンコク国際貿易展示場 詳細はこちらをご覧ください。  


6/4-5 環境省エコライフ・フェア2016に「触れる地球」展示のご案内

 〈6/4-5 環境省エコライフ・フェア2016に「触れる地球」展示のお知らせ〉   エコライフ・フェアは、毎年6月の環境月間に全国各地で展開する様々な行事の中の主たる行事の一つです。環境の日(6月5日)前後の土、日の2日間、東京・渋谷の代々木公園ケヤキ並木・イベント広場を会場に開催しています。どうぞご参加ください。  2016 年6月5日(土)  11:00〜17:00    6日(日) 10:00〜17:00  都立代々木公園(ケヤキ並木・イベント広場)  環境省 詳細はこちらをご覧ください。  


触れる地球ミュージアム
©2014-2016 Earth Literacy Program